ガイドによる登山 【京都発 関西発】2名〜6名少人数制ガイド山登り「やまや」 初心者大歓迎!!

8_2

速報!!京都発 関西発】少人数制ガイド登山 「マウンテンサポート やまや山形」のHPを作りました。

下記、URLです。ブログでも「やまや」のことは説明しておりますが、HPの方が、もっと分かりやすい・・かもしれません。特にこれからの登山予定は、HPにしか記載がなくなります。ブログは、登山報告などに特化して行きますので、その旨、よろしくお願いします。

http://yamaya-yamagata.jimdo.com

やまやのHPにて、やまやの百名山クラブ やまやの百高山クラブ 里山クラブ  を設置しました


ブログをなかなか更新できなくてすみません。
山行記録以外は、【京都発 関西発】少人数制ガイド登山やまやホームページを御覧ください。

http://yamaya-yamagata.jimdo.com

2015_2

Img_4162 Img_4176

Img_4168 Img_4197

1月4日 雪山講習会 @マキノ高原〜寒風

Img_4229 Img_4243
Img_4248 Img_4255

1月7日 初詣山行 朝熊ヶ岳と伊勢神宮

これからのお薦め山行

やまやのホームページにて!

http://yamaya-yamagata.jimdo.com

<ご注意!>

新しくやまや(山形)にお問い合わせなど、メールをいただいた方へ

近頃、迷惑メールが多く、サーバーで迷惑メールフィルターをかけております。
この夏くらいから実施しておりますが、皆様のアドレスによっては、そのフィルターにかかり、こちらに送信されていない場合があります。(皆様方にはリターンメールは配信されません)
それで、もし、しばらくたっても「やまや」(山形)から返信がない場合は、恐れ入りますが、ブログのコメント欄にメールアドレスを記載の上、その旨をお伝えいただけないでしょうか?コメントを受け取った後、すぐに返信させていただきます。

また、メールアドレスを記載のコメントもその後、すぐに消去させていただきますので、メールを出したのに、いつまでも返信が無い・・と思われている方は、ぜひ、よろしくお願いします。

初めてこのブログにアクセスしていただいた方へ

ようこそやまやのブログへ

このブログは、マウンテンサポート「やまや山形」が過去に行った山行、これから計画している山行、皆様の意見、感想、管理人である私のコラムなどを公開しているものです。同時に随時、山仲間を募集しています。

「初めてで、、どんなものかわからないので、教えて〜!!」という方は、右のサイドバーのカテゴリーから山仲間募集の記事を見ていただき、下記メールアドレスにお問い合わせください。
きっと、皆様の知っている世界が広がり、感動できる世界を実感できることと思います。
皆様とお会いできる時を楽しみにしています

マウンテンサポート「やまや山形」 代表 山形昌宏 
メールアドレス yamayayamagata@gmail.com
(メールは、右サイドバー内の「メールを送信」をクリックすると、自動でメール画面に変わります)

Img_7896

          

やまや会員の皆様へ

ブログの最新の記事が更新された場合は、皆様にメールにてお知らせします。
また、このトップページでも更新の状態をお知らせします。
まず、右サイドバーにあるカテゴリー内のご覧になりたい項目をクリックすると、その項目の特集ページに自動でリンクされます。ご覧になりたい項目をゆっくり御覧ください。
また、「コメント」をクリックするとコメントを書いたり、見たりすることもできます。
皆様のコメントをお待ちしています。
     

登山ガイドが紹介する数々の山登り、山歩きツアーにご一緒いただき、人数は2名〜6名と少人数で実施。全国の色々な登山を体験し、感動を共に味わっていただける「やまや」のご紹介です。もちろん、初心者の方も大歓迎です。各種講習会(岩登り講習会、沢登り講習会、読図講習会、雪山講習会など)も取り揃え、随時実施しております。コースは、全国の山の一般登山道から道なき道を行くバリエーションルートまで、様々なジャンルにチャレンジ!今年からキャンプやアウトドアスポーツ、歴史街道ウォーク、ロングトレイルトレッキングなどの分野にも活動範囲を広げ、益々充実をはかります。まだ、来られていない方は是非、いらしてください!お待ちしています。

お申込み、お問い合わせは、右欄「メールで送信」よりメールで送信してください。 スマホ、携帯の方は、yamayayamagata@gmail.com まで



これからの登山予定(今、募集中の山行)

やまやのホームページ   http://yamaya-yamagata.jimdo.com   にて

         最近の更新

2015年

01/08 トップページ 山行報告 白馬の山旅 穂高縦走 朝熊ヶ岳と伊勢神宮

2014年

10/10 山行報告 ゆっくり薬師岳 トップページ 穂高縦走

08/09 山行報告 花いっぱいの鳥海山 前編 後編 追加



  2013年11月〜12月の山登り報告写真(抜粋)

Img_4246 Img_4254

12月納山登山 京都北山 天ヶ岳〜鞍馬山 午後から雪がたくさん降ってきて、とってもきれいでしたが、長かった〜〜!

Img_4231 Img_4202_2

12月クリスマス山行 美ヶ原歩きまくり!最高のクリスマス山行でした!北アや南ア、富士山までも360度一望のもとでした。

Img_4106 Img_4138

12月 熊野古道 伊勢路前篇 伊勢神宮から熊野市までの峠をほとんど歩きました。いにしえの世界に浸ることができました。宿の料理も美味かった〜!

Img_4049 Img_4053

11月 岩籠山 ブナ林がきれいです。インディアン平原も素敵です。また春に行きましょう!

Img_4024 Img_4042

11月 青葉山 高浜から見る青葉山は本当に丹後富士に恥じない山です。

Img_3993 Img_4008

11月 なめこ山 たくさん採れました。

Img_3968 Img_3972

11月 岩登り講習会 今回はビレイの練習もしました。

Img_3927 Img_3935

11月古光山から曽爾高原 古光山の激登は健在!対照的な曽爾高原も素敵です。

 

     2014年 やまやの登山 企画概要

2013年に引き続き、2014年4月〜12月の登山企画の概要です。詳しい内容は、皆様からのアンケート、リクエストなどを元に現在制作中です。できあがるまでもう少しお待ちください。お楽しみに今年度から始めた企画もあります。初めて来られる方にも安心して参加しやすくなっております。今年から、あなたも少人数登山の「やまや」で山登りを始めてみませんか?

Photo_15

Photo_16     Photo_18

Photo_19     Photo_20

Photo_22     Photo_23

Photo_24     Photo_25

Photo_26     Photo_27

百名山アンケート・標高百山アンケート

やまやでは、毎年4月以降の山行を作る上で、百名山アンケート・標高百山アンケートを実施し、皆様の声をこれからの山行に反映させていただこうと思っています。このアンケートは、どなた様でも参加できます。つきましては、下記の2ファイルをダウンロードいただき、ご記入の上、メールにてご返送ください。できましたら、お名前も教えていただけますと、お礼といたしまして、後ほど、やまやから百名山を登る上での適切なアドバイスを返信させていただきます。どうぞ、よろしくご協力お願いします。

百名山は一つの目標にされることや、故深田久弥氏の感じたことを得るために登ることはとても良いことだと思いますが、数を得るために登るものではありません。それに関しましてはブログ上の「百名山の意義」のコーナーに記させていただいておりますので、ご参照ください。


ただ、良い山がずらっと並び、この表を見ているだけでもワクワクしてきます。もし、あなたもワクワクしているなら、それは間違いなくあなたも、真の山やの仲間入り・・っということでしょうか?

なお、エクセル形式ですので、携帯電話では見られない場合もあります。ご了承ください。ご協力よろしくお願いします。

「2013.xls」をダウンロード

「20131.xls」をダウンロード

Img_7782_3_3

コメント

どなたかわかりませんが、お誕生日ソング、ありがとうございます。めっちゃ嬉しいです
けっこういい歳になりましたが、より自分に磨きをかけてがんばりますので、これからもよろしくお願いします。

先日の北穂では大変お世話になりました
筋肉痛もようやく和らぎましたが、気が付くとひざから下に青タンがいっぱいヾ(*゚A`)ノ
一体何を蹴飛ばしながら歩いていたのやら・・・。
それにしても、横尾~涸沢の紅葉が青空に映えて素晴らしい景色でした
そして、北穂の頂上から見た威厳に満ちた槍ヶ岳の雄姿が目に焼き付いています
下山は予定より早めに出発したおかげで台風に追いかけられながらでしたが、大した雨に逢うこともなくホッとしました
いいお湯とお料理で休養できた上に、高山祭も見学することができ充実した4日間でした
どうも有難うございました。同行の方にもどうぞよろしくお伝えください。

SKさま
コメント、ありがとうございます。
5日間で、黒部源流のたくさんの山に登り、また、ずっと晴れていて、展望もよく、紅葉もよく、最高の山行ができました。また、三俣山荘、水晶小屋、雲ノ平山荘の伊藤ファミリーやスタッフの皆さんや、双六小屋、わさび平、鏡平山荘の小池さんとも再び出会え、とっても楽しい山行でした。雲ノ平は何回行ってもいいですね。オコジョがモグラを咥えていたのに出会えたのは驚きましたが・・今後もぜひ、是非!いらしてください。楽しい時間を共有させてください。よろしくお願いします。

やまや山形 山形さま

先日は、北アルプス・雲ノ平山行お世話になりました。
百名山の鷲羽岳・水晶岳を含む7つのピークハント、
雲ノ平に自分の足で周ることができた達成感、
北アルプスの風景、
たくさんの自然と人と、そしてやまやパーティーと一緒に過ごした5日間、
なにものにも代えがたい山行になりました!
感謝です。ありがとうございました。ヽ(´▽`)/

 2013年7/31~8/5 旭岳からトムラウシまでの縦走(行動日は1,2,3 の3日のみ)、出発の時の早朝に少し雨に遭った以外、経験したことのない好天。晴天のもと、目に入る景色のすばらしさに、テントや食料の重たさも忘れる快適な山行でした。大雪山系の広さ美しさ(野球場より広い花畑)、ナキウサギ、リス、そして避難小屋監視員が見ていたヒグマ等の動物。それらを十分に眺め、体感しました。山形氏と天候に感謝。
 私にとって、思いで深く、忘れることのできない登山の一つになることでしょう。
 なお、やはり思い出すのは数年前のツアー登山での死亡事故。好天の中を歩くのでもかなりの負担です。メンバーの足並みの不確定なツアー登山で確実にこなせるコースではない。まして大雨が降っている状況では停滞を決断すべき状況であったろう。そのように感じられました。

 このように、すばらしい美しさの中にも、自然の厳しさを忘れさせない、そんな北海道の山でした。

何故か、ぐっとくるフレーズ

1位 縦走 → グイグイ歩きたくなるっ!
2位 果無山脈 → 自分を見つめ直せそう。
3位 稜線 → 山をかたどって歩いてるっ!
4位 蝶ヶ岳、爺ヶ岳 → ただ何となく名前が好き
5位 キレット → 大冒険な感じっ!

焼岳といえば。。。何年か前に近くの温泉に行った事があります。そのころはまだ山の魅力には気づいて無くただ温泉を楽しんでいたな。。と。しかし、よく思い出してみると!温泉にたどり着く前のどこかのトンネルを超えたときに見えたアルプスの山々。「ちょーカッコいい!」と鳥肌がたった自分がいました。山の魅力に取り憑かれた瞬間だったのかもしれません。みなさんはどんなきっかけで山に登っていますか?それぞれ色々な思いがありますよね。きっと。心の中の思いは大切にとっておきたいものです。いい思いも悪い思いも。。みなさま、くれぐれも気をつけていってらっしゃいませ!

天気も何とか大丈夫そうです。ぎりぎりまで催行がわかりませんでしたが・・
メールありがとうございます。SKYへ羽ばたいてきます。

皇海山。。。すかいさん。。。「スカイ(空)」。。。ステキ!
ミナサマ、イッテラッシャーイ!

雪山初心者さま

お問い合わせいただき、ありがとうございます。
雪山は皆様が思われるほど、寒い、冷たい、危ない世界ではありません。うまく付き合えば、それはとても暖かく、純白のきれいな世界です。フワフワの雪の上も優しく、膝腰に衝撃を与えませんので、快適にあるけますよ。
装備は、場所にもよりますが、やまやで計画しております雪山企画では、レインや靴は夏のもの(靴は軽トレッキングシューズ以上)で大丈夫です。ただし、冬用の方が足先など暖かく快適なのは言うまでもありません。また、服装は、夏山と特別違うものとしては、スパッツ(ロングスパッツ)、アイゼン(6本歯以上)またはスノーシュー(レンタルあります)を装着いただくことと、ストック(ダブルストック)、ピッケルも必要となります。ただし、スノーシュー山行など、ピッケルは無くても行ける山行が多いです。服装は、保温、発汗、吸湿に優れた素材のインナー、中間着にウールや暖か素材のシャツ、フリース、ダウンなど、アウターは普通のレインでけっこうです。冬山の基本は汗をかかないことであり、あまり着込み過ぎるとそれだけで、暑く、すぐに汗をかいてしまいます。もし綿のシャツなど着ておられたら、たちまち汗が凍って、それが身体を冷やしてしまいますので、最大の注意が必要です。気象の変化や雪崩対策に関しては、それぞれの山行で、私が管理し、皆様にどのような装備類が必要かを、ご指示させていただきます。とりあえず、百聞は一見にしかず!一度、やまやにお越しください。雪山初心者のために、雪山講習会なども開いております。また、カテゴリーから雪山初心者大歓迎!のコーナーもご参照ください。雪の季節の山行は、このトップページ上のカレンダー、1月の山行をご覧ください。2月以降の山行も順次アップしていきますので、今しばらくお待ちください。では、山でお会いできるのを楽しみにしております。

初めまして、私は登山歴5年の40代女性です。今年から雪山を始めたいと思っています。フワフワの雪の上で今まで軽々したことのない世界に憧れています。まずは、装備ですが・・どのようなもの用意すれば良いでしょうか?夏山の装備は持っておりますので、それ以外に必要なものを教えてください。よろしくお願いします。

山下さま
コメント、ありがとうございます
御池林道に入れるかどうかが、一つのポイントだったのですが、無事?に取り付けて良かったです。コースも変化に富んでいて、私の好きなルートの一つです。雪があるか無いかで歩きやすさが全く違うのですが、今回はベストともいうべき雪の付き方でした。御池のテーブル台地もいいところです。今度は是非違う所から登り、テント泊で登りましょう。また、ブログに写真をアップしますね。お楽しみに!

 3月11日(日)の御池岳に参加しました。8名の参加者にリーダー二人と大変贅沢なパーティーです。昨年から鈴鹿の山に魅せられできるだけ参加したいと思い、ボチボチだけど行かせてもらっています。今回の御池岳は滋賀県側からT字尾根をのぼるという、地図にないコースでややマニアックでした。T字尾根から見上げた御池のテーブル台地へ続く斜面は近畿の山とは思えないスケールの大きさで『 感激 ! 』
尾根にあがれば一面銀世界で***樹氷のきれいなこと***
 山形さんの山行でなければ行けないコースでした。これこそ山形さんの山に参加した意味があったなあととっても満足でした。山形さん、堀内さんありがとうございました。

みやなが さま
コメントありがとうございます。
昨日は、天候的には非常に恵まれ、前日までに降った雪は2mに達し、ラッセルは大変だったけど、スノーシューでは最適のコンディションでした。雪が多すぎて目的地までは行けませんでしたが、テントの中での食事や、帰りの絶景などは、たぶん一期一会、昨日ならではの出会いだったと思います。
雪山初めてにも関わらず、がんばって歩いて頂きました。その分、感動も大きかったので者ないでしょうか?今日は高見山に樹氷を見に行くとおっしゃっていましたがいかがだったですか?今回の雪山教室は役に立ちましたか?
ゼイゼイ言いながら必死で登った深雪ラッセルの斜面を一気に駆け下りる、贅沢さは山スキーのそれに似ています。本当にふわふわで何の抵抗もなく、まるで雲の上に浮いているようなパウダースノーの中、存分に楽しんで頂きました。これからは、2月くらいまでの新雪をもっともっとに楽しんでいただきたく思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

トレースのない銀世界【やまや雪山】超おすすめです!1月7日蛇谷ヶ峰山行に参加しました。トレースを自分の足で作り出す気持ち良さ!それにラッセル!転ぶとまるで羽毛布団の上をダイブしているような面白さ!駆け下る快感!きらめく霧氷!眼下に広がる美しい琵琶湖と雄大な伊吹山!そしていつもプラスアルファ「遊び心」を取り入れた山形さんの山行!1月新雪やまや雪山をお勧めします!とにかく期待を裏切らないどころか満足度200%は間違いないです!童心に帰ったように歓声をあげながら急斜面を賭け下るってこんな面白い遊びをこの年で味わえるなんて!ほんと、転んで雪と戯れるって気持ちいいですヨ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ